Laurel Dental Clinic

The professional of oral health.

HOME | 診療費用

更新日 2017-10-31 | 作成日 2017-10-31

その前に・・・治すことをあきらめないで下さい。

「保険じゃ治らないから自費でと言われました。」と言う声をよく耳にします。ですが、保険で”治癒”しない病気は多くありません。特に歯科の領域では、ほとんど無いといっても過言ではないと思います。実際、自費診療だと金額が高額になることが多い為、あきらめられ、放置された患部が多いことを実感しています。確かに、自費診療でのみ為し得る治療結果もありますが、多くは保険の治療で代替が可能です。

患部を放置せず、早期発見・早期治療。これが医療費を節約する一番の近道です。

(例えば、軽い虫歯で咬む面だけに樹脂の詰め物をする際、保険ですと約¥1000.-程度で済みます。自費用の材料を使用しても¥5000.-程度です。これを放置して神経の治療まで行うと、保険を使用しても¥6000.-は軽く超える計算になります。治療期間も1回、1日で済んでいたものが、最低でも4回、1ヶ月はかかります。)


審美的に個人の欲求を満たすものその多くは保険では認められていません。例えば、大臼歯に白いかぶせものをする事は保険では不可能です。歯並びに関しても一部(口蓋裂等)を除き同様です。
また、病気の治癒状態は、元の状態に戻ることを指す言葉ではございません。例えば、歯周病の治癒状態は失った骨を戻すことではなく、進行を止めることに主眼をおかれています。失った骨も戻したいといった場合は、保険外診療が必要となります。

自由診療にかかる診療費用のご説明をいたします。


保険診療の診療費については、部位、状態、負担割合で大きく異なります。
お電話、もしくはメールで直接お問い合わせください。
目安としてですが、保険でのかぶせものが前歯部¥5000、臼歯部¥3000程度という認識でよろしいかと思います。保険では医療行為に対して細かく点数化されている為、削る、型をとるなどは別の金額が発生しますことをご了承下さい。


自由診療は、自費診療とも言い、いわゆる保険外診療を指します。
この保険外診療の金額は歯科医院、病院によって異なります。
ここに表記している金額は当院のみ有効です。


虫歯の治療跡(金属など)や、歯並び、歯の色など、何とかしたいと考えている方は多いと思います。
しかし、金額が選択の幅を狭めてしまっていることも事実です。
当院ではお気軽にご利用していただけるように設定いたしました。修復、補綴物は、クオリティの高い材料を用いて、一流の技工士が作製しており、十分満足頂けるものと思います。
私たちが自信を持っておすすめできる物ですので、最長10年の保証もおつけしています。
どうぞお気軽にご相談ください。


Dental esthetic (審美歯科)

例えば歯を白くしたいと考える時、ホワイトニング用の薬液を使用する場合、レーザー照射をする場合と人工の歯を使用する場合がございます。

ホワイトニング剤を使用する場合
①ホームホワイトニング

1日2時間の装着でご家庭で手軽にホワイトニングが出来ます。トレー作製、約1ヶ月分のホワイトニングジェルが含まれます。

上下セット ¥32,400
追加ジェル1セット(4本) ¥5,400

②コンビネーションホワイトニング

オフィスホワイトニング3回分とホームホワイトニングを組み合わせた最強のホワイトニングです。なるべく早く白くしたいと言う方におすすめします。

1セット ¥54,000

メンテナンス

ホワイトニングにより白くなった歯は後戻りという現象を起こし、元の歯の色に戻ろうとします。その後戻りを抑制する為に3~4ヶ月に1度、メンテナンスをすることで白い歯を保つことが出来ます。

1口腔1回につき ¥10,800

レーザー照射による治療
①メラニン除去

喫煙をされる方に見られる、歯ぐきの黒ずみ。これは粘膜にメラニン色素が沈着した結果、見られる現象です。レーザー照射により、取り除くことが可能です。薬液を使う方法と異なり、粘膜下組織へのダメージが少ないことが特徴です。

片顎 ¥5,400

②オフィスホワイトニング

 白くなるまでは、もともとの歯の色や薬剤の効き具合により個人差がある為、数回の処置が必要になることもあります。ほとんどの方は、3回目程度で白さを実感されることが多いです


初回  片顎    ¥16,200
2回目以降 片顎 ¥10,800
(片顎 :犬歯から犬歯まで6本)




人工歯を使用する場合(充填・補綴物)
①ラミネートベニヤ

歯の表面に亀裂、重度の着色等があり、ホワイトニングが不可能な場合に用います。多少の歯の形態修正も可能な為、隙間があいてしまった歯などにも有効です。

1本 ¥75,600

②メタルボンド

貴金属にセラミックを焼き付けたものです。一般的なセラミックの差し歯とはこれを指します。ベースになる部分が金属のため、金属アレルギーの方には使用できません。また、年数が経つと、歯ぐきとの境目に黒い境界線のようなもの(金属のマージン)が見えることがあります。
当院のメタルボンドは、問題がない限りフルベーク(金属を全て、もしくはほとんどセラミックで覆ってしまうメタルボンド)になります。

1本 86,400

③オールセラミックインレー

セラミックで作製された、埋め込むタイプの修復材です。

1本 ¥32,400~

④オールセラミッククラウン

セラミックで作製された、被せるタイプの修復財です。

1本 ¥75,600~

⑤コア

神経の処置をした歯にかぶせものをする際、必ず必要になるのがコアと呼ばれる土台です。しかし、透明度の高い補綴物を装着する場合、土台の色に影響を受けることがあります。最終的にかぶせるものにより、土台の種類を代える必要があります。当院ではグラスファイバーで補強されたファイバーコア、金属製コア、20kコアの3種類をご用意しています。(樹脂のみの充填によるコアは当院では使用していません。

金属製コア  ¥3,240
ファイバーコア¥5,400

⑥ジルコニアセラミック

ジルコニアフレームにセラミックを焼き付けた、一番新しい材料・方法です。
ジルコニアフレームは機械によりジルコニアの固まりから削り出される為、精度・物性が非常に安定しています。
唯一の欠点は3本を超えるブリッジには使用ができない点です。

1本 ¥151,200

2. Denture (義歯)

①全部床義歯(総義歯)

  コバルトクロム床  ・・・¥270,000
  チタン床       ・・・¥432,000
  金床         ・・・¥540,000

②部分床義歯

床の値段に、維持装置(バネ)の値段がプラスされます。
  エーカース、ダブルエーカース等、保険適応義歯と同形状・・・¥0
  その他、保険適応外の形状  ・・・¥10,800~21,600
  コーヌス (内冠、外冠込み)・・・¥108,000
  マグネット         ・・・¥54,000
  その他、多種の形状があり、それぞれ長所、短所があります。
  診察時に詳しくご説明いたします。

③ スマイルデンチャー

金属によるバネが無く、柔らかい素材で従来の義歯と比較し目立ちません。
  ¥108,000~ (大きさによって値段が異なります。)



3. IMPLANT (インプラント)

当院で使用しているインプラントは埋入後の骨のロスが最小限に抑えられるアンキロスを用いています。


アンキロスインプラントの優れている点は、埋入後も骨の高さが維持される点、上部構造物との接点は金属の摩擦力が主になっている為、ネジがゆるんで取れるといったことが少ない点です。つまり、最近よく聞かれる上部構造体の脱落、がたつき、ネジの破損といったことが起こりにくく、長期間の使用に耐えうるということを意味します。
しかし、注意しなければいけない事は、歯肉には金属とくっつく働きはありませんから、歯肉と接している部分では常に感染を受ける状態ではあります。
この状態がインプラント体にまで及ぶようになると、インプラント周囲炎となります。
しかし、治療を受けられた方と、施術した歯科医が、注意してメンテナンスしていれば十分に回避が可能で、長期にわたり骨との接着を維持する事も不可能ではありません。

インプラント治療に当たり大事な事は、口を清潔に保つ事。です。
歯がなくなってしまった際の選択肢の一つとして、お考えください。

検査、インプラント埋入手術 ¥270,000/1本


最終補綴物装着 セラミック ¥140,400
           金属冠  ¥118,800

1本分の欠損部をインプラントで補綴するならば ¥410,400~となります。
3本分の欠損部をブリッジ形状でインプラント補綴をする場合はインプラント2本分と最終補綴物3本分となり、270,000×2+118,800×3(金属冠)となり¥896,400~となります。

4. 歯列矯正


歯列不正は歯周病、虫歯の原因となるだけでなく、成長期の顎骨発育に大きな影響を及ぼします。また、幼児期の反対咬合は、歯牙交換期を経て、永久歯列に変わってもそのまま残ってしまうことがあります。顎骨の発育は成長期にしか見られないので、放置することにより骨格性の前突となることもあります。
そのような状態を回避する事が出来るのが小児矯正です。小児矯正が成人矯正と大きく異なる点は、顎骨の発育を予測して歯列を構成する点にあります。当院では、3才程度の幼児から顎骨の発育を予測して矯正治療の必要性、必要時期を検討し、その結果を保護者の方に御説明し、治療の検討をして頂くシステムを取っています。
その他、局所的な歯列不正の解消、虫歯が根の奥まで進行してしまい、そのままでは抜歯ケースとなってしまう場合、成人しても萌えてこなかった永久歯の誘導など、矯正をすることでもともとの歯を削らないで済む症例も多数あります。お悩みの方はご相談下さい。
幼児期では歯に装置を接着させても意味がありませんので、お口の中に装着する器具を、小児の歯牙交換期では萌出した永久歯を正しい位置へ誘導するマルチブラケット装置を、成人矯正では審美性を優先させた白いマルチブラケット装置、もしくは透明でほとんど目立たない装置を使用します。

矯正診断・検査料(セファロ含む) ¥32,400
矯正治療費          MTM ¥10,800(装置装着1歯ごと)
               小児矯正 ¥216,000~
               成人矯正 ¥324,000~